サウンド・デザイナー2019年2月号(特集:誰でもできる“新”作曲法)
5c1c61547cd3616e96075ac5 5c1c61547cd3616e96075ac5 5c1c61547cd3616e96075ac5 5c1c61547cd3616e96075ac5 5c1c61547cd3616e96075ac5 5c1c61547cd3616e96075ac5 5c1c61547cd3616e96075ac5 5c1c61547cd3616e96075ac5 5c1c61547cd3616e96075ac5 5c1c61547cd3616e96075ac5 5c1c61547cd3616e96075ac5

サウンド・デザイナー2019年2月号(特集:誰でもできる“新”作曲法)

¥864 税込

送料についてはこちら

●表紙・巻頭特集:OKAMOTO'S アルバム『BOY』ロングインタビュー 2019年にデビュー10周年を迎える4人組ロックバンド、OKAMOTO'S。彼らが1月9日に、通算8枚目となるオリジナルアルバム『BOY』をリリースしました。「少年期から青年期を経て大人になっていく中で、着々とキャリアを積んできた想いを詰め込んだ」という本作。今回、本誌では彼らを大特集し、その制作の裏側に迫ってみました。 ・オカモトコウキの自宅スタジオ独占初公開! ・メンバー4人の直筆「音楽履歴書」付き! ・オカモトコウキとハマ・オカモトのレコーディング機材公開 ●特集:誰でもできる“新”作曲法 【QRコード付き】60年代~最新ヒット曲のコード進行が76パターン聴ける! 今月は「誰でもできる新作曲法」と題し、曲作りに役立つコード進行の様々な活用法を紹介していきます。新たな試みとして、記事内のQRコードからアクセスできるサイトで、特集で紹介しているコード進行をすべて試聴できるようにしました。スマホやタブレットなどでコードの響きを試聴しながら記事を読み進めていくと、より理解が深められます。もちろん、ギターやピアノなど、手持ちの楽器で弾いて試してみることもオススメ。ビギナーの方もこの機会にぜひ、曲作りに挑戦してみてください。 ・コード進行には情景や場面を連想させる不思議な効果がある ・コード進行がさらっと作れる基礎知識 ・QUEENの華麗なるコード進行を徹底分析 ・多保孝一が明かすSuperfly「愛をこめて花束を」のコード進行の秘密 ・1960年代~2010年代:時代を彩る美しいコード進行の魅力 ・ギター特有の響きを活かすコードの鳴らし方 ・コード進行に合ったカッコいいメロディの作り方 ・ピアノロールで見てわかるコードの上手なつなぎ方 ●製品企画:今一番買いたい人気DTMアイテム28選 注目ヘッドホン7本の試聴レポート付き 本特集や、先月号の「最新・最強のDTM BOOK」を読んで、“DTMを始めたくなった”、“自分で曲を作りたくなった”と思った人も多いでしょう。年始に機材の購入を考えている皆さんに向けて、“今一番買いたい”アイテムを、音楽制作でやりたいこと別に分類して紹介しましょう。また、注目のヘッドホン7本をエンジニアの原裕之さんと、(M)otocompoのDr.Usuiさん&熱川千代丸さんに試聴してもらいました。 ●特別企画:REAPERで「VRオーディオ」を作る方法 360°動画対応 近年、ゲームをはじめとした映像作品など、様々な分野で急速に需要が高まっているのが「VRコンテンツ」です。私達にはまだまだ縁遠そうなイメージがありますが、実はVR動画に対応した音声フォーマットの「VRオーディオ」は、2ミックスからも簡単に作ることができます。無料アプリを使う方法を紹介しましょう。 ●特選ミュージシャン ・みきとP ・眉村ちあき ・RYPPHYPE ●宅録アイテムとことん調査隊 ・コルグEK-50 ・ミディテックPianobox mini ・スタインバーグGroove Agent 5 ●注目製品情報 ・ロズウェル・プロオーディオmini K47/Delphos/Colares ・ユニバーサル・オーディオArrow